スタバ|フードロスやってない?対象店舗や値引き時間/メニューまとめ

本記事にはアフィリエイト広告が含まれます。 (ステマ規制法の表示義務により全ページに表示しています。)




スターバックスでは、フードロス削減運動を2021年8月23日(月)から行っています。

賞味期限が近い、当日に廃棄処分になりそうなフードは、一部夜間の値引きが実施される店舗があります。

フードロス削減も、実施目的は、あくまでロスされる食品を減らすことです。

割引きが目的ではないのですが、普段フードがちょっと高くて手が出せないことも…。

今回は、閉店1時間前に、実際に取り組んでいる店舗がどのくらいなのか、調査しました。




スタバ|フードロス値引き時間は何時から?

・閉店2・3時間前

 

店舗の在庫状況に応じて20%値引き

フードの在庫状況や賞味期限などで随時状況が変わります。

毎日、全店舗の取り組みではありません。

フードのショーケース内にある「SAVE FOOD」マークが目印です。

実際に取り組んでるのは少ない?

筆者、最寄り店舗3店舗で、実際に行っていたのは、2021年9月取り組みが始まってすぐの頃でした。

2023年現在、閉店2時間前に行っても、割引は行っていませんでした。

他店舗では、閉店15分前にポップを出していました。

MEMO

スターバックスでは、「ご一緒にフードはいかがですか?」といつでも、声掛けをしているので、

閉店間際でも商品自体が少ないことが多いかもしれませんね。

SAVE FOOD

▲こちらのマークがある商品は値引きされます。

廃棄を極力少なくするためなので、在庫管理を徹底している店舗では取り組むことは少ないそうです。

注意

・フードがショーケースにないときもある

・フードがあっても廃棄対象ではない

・時間は閉店間際に行う可能性もある

フードロス削減は何時から?閉店間際?

値引対象の時間は2時間前~閉店間際。

SNSの声をまとめると、閉店直後が安くなっているタイミングでした。

MEMO

●1時間前

●2時間前

●閉店間際の口コミが多め

安さを求めて行っても、フードがショーケースにない可能性があります。

タイミングよく「SAVE FOOD」商品に出会えると環境のためだと思って、協力してみてくださいね。

【閉店時間目安】

閉店時間値引予定時間
20:0018:00以降
21:0019:00以降
21:3019:30以降
22:0020:00以降
22:3020:30以降
23:0021:00以降

スタバ|フードロス値引き実施店舗は?

実施店舗はどこなのでしょうか?

全国のスターバックス店舗

 

※スターバックス リザーブロ―スタリー 東京は異なる

大型ショッピングモール内、駅構内、百貨店内、ビジネス街やNHKビル内、病院内店舗などスターバックス店舗は多数ありますが、

各店舗の在庫状況で、判断されるそうです。

なので、場所や日によって異なります。

スタバ|フードロス割引対象の商品は?

50種類以上のフードメニューがありますが、どの商品が割引になるのか調査しました。

・消費期限が近づいたドーナツやケーキ

 

・翌日に持ち越せない食品

と発表されています。

新作ケーキは、賞味期限が早いので、フードロスメニューになりやすいかもしれませんね。

<割引き例>

賞味期限が近付いたケーキ、翌日に持ち越せないフードが対象です。

サンドイッチやラップサンドなどが割引されていたら、持ち帰りで購入して、翌朝までに食べるか夜食で食べられますね。

スタバ|フードロス割引モバイルオーダーの注文は?

閉店間際になると、モバイルオーダーで選べるフードメニューが減ります。

もちろん、売り切れている場合は、表示されないのですが、

フードロス削減で20%にする場合もモバイルオーダーでは表示されないそうです。

実際に店頭に行くと、売り切れではなく20%引きで販売しているときもあります。

閉店間際でフードも一緒に注文を検討しているときは、店頭で在庫をチェックしてみてくださいね。

まとめ

スターバックスの店舗閉店時間と値引き開始時間、値引きメニューについてお伝えしました。

  1. 値引は閉店間際に実施しているケースが多い
  2. もともと食品ケースにフードがないときもある
  3. SAVE FOOD のポップがある商品が値引対象

事業系食品ロスの取り組みにより、地球温暖化の進行を遅くすることにつながればいいな~と感じます。

私たちができるのは小さな取り組みです。

でもそれが大きな一歩につながる確実な方法なのです。


参考
スターバックスプレスリリース




コメントを残す

error: