荒木健太郎(雲研究者)は結婚して嫁や子供は?家族構成についても

こんにちは!映画「天気の子」で気象監修者や声優としても出演した気象予報士の荒木健太郎さんをご存知ですか?

今回は荒木健太郎さんの家族構成や奥さんやお子さん、雲研究者という理由についてまとめました。

荒木健太郎(気象予報士)の家族構成は?

とりさん

気象予報士で雲研究者の荒木さんって結婚してるの?

妻:

 

子:女の子

ご家族は奥様と娘さんの3人家族のようです。

奥さんも気象庁関係者なんでしょうか^^

お名前などは公表しておりませんが、荒木さんの著書の中に「パーセルくん」というキャラクターがいます。

このパーセル君の呼び方でちょっとしたイザコザがあったようです。

奥さん:ぽんぽん

娘さん:わんわん 

荒木さん:パーセルくん

イギリスの作曲家で「パーセル」という方がおられますが、名前の由来が気になりますね~~

全部のお名前、ほのぼの系で可愛いですよね^^

パーセルくんがとうとう絵本になりました!!

娘さんや子どもたちに雲のことを知ってもらいたいという思いが図鑑になっています。

こちらの図鑑、絵が多くて漫画感覚で読めます。

大人が見ても「なるほど~~」と納得できる内容です。改めて空を見たり天気図を見るのが楽しくなりますよ^^

荒木さんは他にもたくさんの著書を手掛けていますので気になる方はチェックしてみてくださいね^^

 

 

荒木健太郎さんが雲研究者とよばれるのはなぜ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

荒木健太郎(@arakencloud)がシェアした投稿

(引用:@arakencloud

ホレボレするような綺麗な雲ですね~~雲の様子をインスタに載せていてキレイ!

見ていると「なんでこの色の雲なの?」

「なんで、晴れてるのに虹があるの?」

と様々な疑問もわいてきます^^

荒木さんは2008年気象庁に入庁し、新潟・千葉・釧路などの地方気象台での予報や観測業務を経て、気象研究所の研究員となりました。

何気なく見上げる空に漂う雲から、「あの雲はどんな意味があるの?」を紐解くために日々研究をされています。

研究しているのは「雲科学・気象学」「雲の仕組み」「雲の物理学」です。

雲のデータから大気の変化、天候の変化が細かく分析、研究され、災害情報も予想できるようになるんです!

そのため雲のスペシャリストとして「雲研究者」と呼ばれています。

インスタやTwitterで気象情報、防災情報も分かりやすく発信していてフォロワーも24万人を超えました。

プロフィール
名前    荒木健太郎(あらき・けんたろう)
生年月日  1984年11月30日
年齢    36歳
出身    茨城県
研究機関  気象庁気象研究所
研究分野  気象学

終わりに・・・

いかがでしたか?

荒木さんには奥さんやお子さんもいて、雲マニアパパなんですね~^^

荒木さんの研究がさらに進展して「局地的ゲリラ豪雨」も予測することができると、災害の備えが十分にできるようになるかもしれませんね。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です